広い豊かな敷地内のある園舎として、大らかで伸びやかな保育室を実現しました。

4歳児室と5歳児室の間に創作室を設け、工作や絵を通じて異年齢の交流を促す計画としました。端から端まで見通せる広々とした保育室としています。それとは対照的に天井高の低い小さなあそびスペースを隣接させることで、子どもたちは大小の空間体験を感じながら、自分の好きな場所を見つけ出すことができます。

階段室は、1つの大きな窓から入る光が様々に乱反射し、光のグラデーションをつくります。毎日の階段の行き来の中で、子どもたちの感性に響く光の演出をしています。

また、保育室を見渡せる調乳室や、シャワーで足を洗ってから保育室に入る効率的な動線、そして園庭を見渡せる事務室配置など、保育上の機能性も兼ね備えた保育園です。

明徳そでにの保育園の建築概要・写真

竣工2017年3月
所在地千葉県習志野市
用途保育園
構造鉄骨造
規模2階建
敷地面積2961.45㎡
建築面積762.97㎡
延床面積977.53㎡